桜の名所【武漢大学】。中国で最も美しいという噂のキャンパスを検証してきました。

wuhan-university

こんにちは。tamakiです。

わたしが住む中国湖北省の武漢には、桜の名所として知られ、2017年の中国大学ランキングでは第6位に選ばれた【武漢大学】があります。

武漢大学

武漢大学(略称:武大(ウーダァ))は、湖北省武漢市に位置する総合大学です。

1893年に創立された自強学堂が前身となり、1928年に正式に国立武漢大学と名称が制定されました。

中国で最も歴史のある名門大学の1つです。

噂ではよく

「桜がキレイ」

「中国の古典的建築物と洋式が混在した建物が美しい」

といった事を聞いていました。

武漢に住んで1年が経つ今、ようやく武漢大学に行く機会がありまりしたので、どれほどまでに美しいのかをこの目で確かめてきました!

ということで今回は、「武漢大学は噂通り本当に美しい大学なのか?!」について書きたいと思います。

動画もアップしましたので、もし良ければご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ここがすごいよ!武漢大学!

《パート1》 立地条件が憎い!!

武漢大学は、都心の最寄り駅から約2km離れた場所に位置し、駅から歩くと約25分掛かります。

キャンパスは「東湖」のほとりに位置し、また、キャンパス内には「珞珈山(Luojia Mountain)」という118.5mある山が存在します。

東湖

東湖(とうこ、中国語: 东湖、英語: East Lake)は湖北省武漢市にある、中国で都市部にある湖としては国内最大の湖です。

「武漢東湖風景区」と称され、面積は約73km²あり、その内水面部分は33km²あります。

※ 武漢東湖風景区は、中国国家5A級観光地、全国文明な景勝地モデル、国家重点景勝地のことです。

《東湖》

east-lake-wuhan

《珞珈山》

luojia-hills-wuhan-university

まとめ

キャンパスは、都心部にありながらたくさんの自然に囲まれた、避暑地のようなマイナスイオン放出の癒されロケーションだった!

《パート2》 桜並木がお見事!

桜並木は、約200mの通りに1000株以上の桜が植えられ、花見の季節には多くの人が訪れる桜の名所です。

sakura-street-wuhan-university

〈武漢大学の桜の由来〉

1939年に日本軍が侵略した際、武漢大学の学生寮は傷兵の療養所となりました。

傷兵のふるさとを恋しく思う気持ちを緩和するため、日本から桜の木が寮の前に移植されたといわれています。その後、桜は老朽化し一新されたそうです。

現在ある桜の木は、1972年の日中国交正常化のお祝いとして、田中角栄元首相が中国の周恩来元首相に贈った1000本の一部になります。

1982年の日中国交正常化10周年には、日中友好協会と西陣織株式会社からお祝いに100本のしだれ桜が贈呈されました。

また、1992年の20周年記念には、広島中国株式会社内の中国湖北朋友会の砂田寿夫さんから200本の桜の苗木が贈られたそうです。

まとめ

訪れたのは夏だったため桜の花は見れなかったが、並木道の緑葉が生い茂る様子は圧巻!!

《パート3》 学生寮の階段が恐ろしいくらいに美しい!

student-dormitory-wuhan-university

〈老斎舎〉

老斎舎は、1931年9月に竣工された武漢大学で最も古い学生寮です。キャンパス内の早期建築物の1つにもなっています。

巧みに設計された建物は、4棟の宿舎で構成され、3つのアーチ型の門が一体となっています。

建物全体がグレートーンでまとめられ、重厚でエレガントな趣があります。

student-dormitory-wuhan-university

まとめ

こんなに美しい階段を今までに見たことがない!

階段の空間だけトキが止まったような、異空間に来たような錯覚を覚えました。もし恋愛ドラマで大学をロケ地とするなら、この老斎舎の階段を使って欲しい!と思うほどロマンチックな階段です。

まとめ

抜群のロケーション春の桜並木学生寮の壮観これだけ魅力の詰まった大学は、中国一美しいと称されるのも頷けました。

こんなに美しい大学で青春時代を送れたら、全てがキラキラ輝いた思い出になるのでしょうね。

今回は夏に訪れたので、次回は春の桜が咲いている時期に再訪したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする