【海外留学/ワーキングホリデー】働ける仕事の種類と可能性のある職種

person holding tray with foods オーストラリア

海外で語学留学やワーキングホリデーをするかたにとって、やはり気になることは、「現地でどうゆう仕事ができるのか」ではないでしょうか。

 

わたしも海外に行く前は、自分は向こうで何ができるのだろうと気になっていました。

インターネットで探しても、日本食レストランで働けること以外にどんな仕事の可能性があるのか、正直よくわかりませんでした。

 

今回は、わたしが実際にオーストラリアで経験した仕事、また、まわりの日本人や他の留学生が働いていた職種をいくつかご紹介します。

美容系のお仕事

美容系のお仕事というと、専門職のようなイメージがあるので、未経験のかたやキャリアが浅いかたにとっては、海外で働いてみたいけど難しいんじゃないかと思っているかたも多いと思います。

実は、未経験者にもチャンスがある職種もあるんです。

マッサージセラピスト/指圧師

マッサージ店の室内に並んだマッサージオイル

マッサージセラピスト、こちらがさきほど申し上げた、未経験者にもチャンスがある職種の1つです。

 

わたしは、ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在していたとき、いくつかの職種に挑戦しましたが、一番長い期間働いたものが、このお仕事です。

そのときに

  • まったくの未経験から始めた人
  • 日本である程度キャリアを積んできた人
  • マッサージではなくエステ業界でキャリアがある人 など

様々なタイプのセラピストがいました。

お店により研修を受けさせてもらえるところもあるので、未経験者にとっても可能性はゼロではありません。

 

マッサージ業界での働き方としては

  • セラピストとして働く
  • フリーランスで働く
  • マッサージ店の受付 など

さまざまです。

美容院/ヘアードレッサー

美容院の椅子

美容院での働き方は

  • 美容師として働く
  • 受付担当として働く

の2通りあると思います。

 

美容師としては、やはり経験者でないと難しいと思いますが、受付でしたら、お店側の求める英語力があればチャンスはあると思います。

わたしの周りでは、友達の紹介で日系の美容院の受付の仕事を掴んだ語学学校のクラスメイトが1人いました。

仕事探しは、友達の紹介など人づてに仕事を得たり、タイミングよく空きが出たりと、運が大きく関係していると思います。

まつ毛エクステンション

女性の睫毛

私がシドニーで出会ったアイリストは、ご自宅でまつ毛エクステンションのお店を開きビジネスとして成功しているかたでした。

顧客は日本人だけでなく、オーストラリア人も利用されているとのことで、世界でもビジネスとして可能性のある業種なんだなと改めて思いました。

自分の技術を生かして個人で仕事をしているかたを見るとすごいなと思います。

ネイルサロン

マニキュアを塗っている女性

ネイルサロンはアジア人がオーナーのお店もたくさんあるので、そのようなお店でしたら、日本で経験のあるかただったら、その経験を生かして働くことが可能だと思います。

ただ、お客さんはもちろん違う国籍の方が多いと思いますので、意思の疎通ができるレベルの英語力は必要だと思います。

あるサロンで、スタッフとお客さんのコミュニケーション上の問題からトラブルになったという話を聞いたことがあります。

飲食店

日本食レストラン

寿司レストラン

こちらは多くの日本人留学生やワーホリで来たかたが働いている職種の1つです。

求人がたくさん出ていることもあり、一番見つけやすい仕事だと思います。

日本食レストランでの働き方は

  • キッチン担当
  • 洗い場担当
  • ホールスタッフ
  • お店によっては簡単な調理と販売 など

があります。

カフェ

カフェ

わたしの中ではカフェで働くことは、少しハードルが高いという印象があります。

まずは英語力です。

オーストラリア人にとってカフェは、毎日コーヒーを飲みに行くくらい本当に身近な場所なので、働く上でネイティブのかたと世間話ができるくらいの英語力が必要だと思います。

 

また、バリスタとしてはなかなか働けないイメージがあります。

バリスタは、コーヒーの知識を持ち、バーやレストラン、カフェでエスプレッソを用いたイタリア系のコーヒーを淹れる職業、またはその職業についている人のことです。

友達はバリスタに興味がありカフェで働いていましたが、バリスタの経験者かそのような勉強をした人でないと、なかなかコーヒーを入れさせてもらえないと言っていました。

 

彼女は、カフェのホール兼レジのお仕事をしていたのですが、話を聞くと、支払いでのトラブルが多かったそうです。

オーストラリアは多国籍文化のため、自己主張の強い人種も多いんですね。

 

カフェでのお仕事は、お給料もそれなりの分、ストレスも多そうです。

接客業

語学学校でアルバイト

オフィスの受付

わたしが通った語学学校のレセプションには日本人スタッフが1人いました。

彼女は日中はレセプションのお仕事をして、夜はその語学学校の資格取得コースを受講していたようです。

語学学校のスタッフとして働けたら、常に英語を使う環境に身を置けるので英語力の上達が早そうですよね。

日本人向けの旅行会社

現地の旅行斡旋や留学サポートをしている会社でアルバイトしているワーホリのかたがいました。

誰かのサポートをしたり、相談にのったりと、やりがいのありそうなお仕事ですが、日本語環境に身を置いてしまい英語を使う機会は少ないような印象を受けました。

ローカルのお店スタッフ

クリーニング店の外観

オーストラリアでの生活が長い友達の1人は、ローカルの食器店の品出しなどのお仕事をしていて、また別の友達は、ドライクリーニング店の受付のお仕事をしていました。

ある程度の英語力と度胸のあるかたは、こういったローカルのお店の求人にも挑戦してみるのも良いと思います。

その他

ベビーシッター

お花を触っている赤ちゃん

子供の面倒を見る時間帯や内容、また同居式か別居式かなどは各家族により違うようです。

オーストラリアではベビーシッターの仕事はオペア(Aupair)やナニー(Nanny)という言葉が使われています。

介護の仕事

わたしが一時期滞在したシェアハウスに住んでいた日本人の女性は、マッサージの仕事をしつつ、介護のお仕事もしていました。

日本人経営の工場

わたしは1日だけ餃子を作っている工場で働き、「自分には合わない」と思い身を引いた経験があります。

その工場はわたしには合いませんでしたが、裏方で黙々と作業をすることが向いているかた、または、体力に自信があるかたは一度みてみるのもいいかもしれません。

掃除のお仕事

同僚の1人が掃除のお仕事をしていました。

ホテルの掃除の仕事もあると思いますが、彼女は個人宅の掃除をしていて、お給料が良いから選んだと言っていました。

ジムのインストラクター

ジムのインストラクターとお客さん

同僚の1人がジムのインストラクターの仕事をしていました。確か日本でもそういった経験のある人だったと思います。

まとめ

海外で日本人が働ける職種って意外とあるということが、実際にオーストラリアに住んでみて分かりました。

わたしは、マッサージの仕事は最初はなかなか見つからず苦戦しましたが、タイミングが合えば、複数店舗で見つけることもできたので、もし、何かやりたい仕事がある場合は、長い目でみて探して、チャンスを待つのも良いと思います。

 

海外留学・ワーホリなら、カウンセリング無料!丁寧かつ親身なサポートが強みの【グローバルダイブ(Global Dive)】がおすすめです!

>>【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。