ジンジャービアって何?体に良いの?ジンジャーエールとの違いは?

Ginger beer on the Table オーストラリア

オーストラリアでは「ジンジャービア(Ginger Beer)」という飲み物をよく見たり聞いたりします。

”ビア(Beer)”という単語が名前に含まれていますが、お酒ではありません。また、日本にある「ノンアルコールビール」ともジャンルが違うようです。

それではジンジャービアとは一体何なのでしょうか。また、ジンジャーエールとの違いは?

ジンジャービアって何?体に良いの?ジンジャーエールとの違いは?

ジンジャービアってどんな飲み物?

ジンジャービアは、水、砂糖、生姜、レモンジュース、ドライイーストを発酵させて作られた、キリッとした微炭酸と甘みのあるソフトドリンクです。

ジンジャーエールとの違いは?

ジンジャービアとジンジャーエールは、名前が似ていてややこしいのですが、少し違います。

ジンジャービアは、ジンジャーエールほど甘くはなく、また、炭酸がそれほど強くありません。しかし、ジンジャービアは生姜がより濃く効いているため、ジンジャーエールより強めの味が特徴です。

ジンジャービアの飲み方は?

ジンジャービアの飲み方はさまざまです。ジンジャービアをそのまま飲むのももちろん美味しいのですが、いくつかのクールなカクテルと混ぜて飲めばより楽しい飲み物に!モクテルも同様。

モクテル(mocktail)は、ノンアルコールカクテルのこと。

一般的に、ジンジャービアはモスコミュール(Moscow mule)に使われます。また、ダーク&ストーミー(Dark ‘N’ Stormy)のようなバミューダ島のカクテルにも人気です。

しかし、ジンジャービアはどんな飲み物にも合い、おいしく頂けるので、飲み物を限定せず、いろいろと試してみることをおすすめします。

ジンジャービアは体に良いの?

海外サイトから、ジンジャービアが体に良い理由をいくつかご紹介します。個人差があると思いますので、ご参考までに。

ジンジャービアは「吐き気」「むかつき」を和らげる

ジンジャービアは、妊娠のつわりや船酔い、二日酔いを緩和してくれるといわれています。生姜にはギンゲロール(gingerols)やショウガオール(shogaols)という成分が含まれており、炎症やガス、胃の不快感を緩和するためです。

ジンジャービアは便通を良くする

生姜に含まれるフェノール化合物が、腸に溜まった食物を移動させ用便を助けるといわれています。

免疫力を高める

ジンジャービアはどこで買えるの?

これは憶測になりますが、日本では海外の商品を置いているスーパーなどにあるかもしれません。また、バーやパブに行ったときに、取り扱いがあるかどうか聞いてみるのもいいと思います。

一番手っ取り早い方法はやはりネットショッピングですね。

まだ試したことがないかたは、ぜひ試してみてください!

参考spoonuniversity.comentitymag.com