【中国トイレ事情】武漢で出会ったニーハオトイレ、トイレあるあるの話

Sign of Toilet

こんにちは。tamakiです。

突然ですが、中国のトイレについてどんなイメージをお持ちでしょうか?

わたしはあまり下調べをしないでこちらに来てしまったため、トイレ=(イコール)ストレスになってしまいました。

主に利用していたのはデパートのトイレなのですが、それでも色々とあるんです。

気分が優れないときは、トイレの汚さに腹が立つこともありました。

日本のトイレはやっぱりキレイで清潔です。シドニーに暮らしていたときも、それはハッキリと思いました。

今回は、わたしが武漢に住んで、実際に見て感じた中国のトイレ事情を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

トイレの形式

空港やホテル、一部のアパートメントを除き、基本的に屈んで用を足すタイプの中国式トイレになります。

※正式名称が分からないので、ここでは「中国式トイレ」とします。

形は和式トイレに似ていますが、和式トイレの金隠し(きんかくし)と呼ばれる先端の丸い突起部分が、付いているタイプと付いていないタイプがあり、始めの頃ははどちらを向いて屈んだらいいのか迷いました。

chinese-toilet
中国式トイレは、和式トイレとは逆にドアの方に顔を向けて屈みます。

洋式トイレはたまに見かけるのですが、あまり使える状態ではありません。

中国のかたは便座を上に持ち上げ(男性が使うときの状態です)、便器の上に足を置き屈んで用を足すか、腰を浮かせた状態(空気イス状態)で、便座に座らずに用を足すと聞いたことがあります。

だいたい便器周辺はとても汚れていますので、洋式を利用する場合は、どこにも触れないようにし、もし、便座に手で触れるのであれば、除菌クリーナーで拭いてから利用されるのが衛生上安心です。

公衆トイレの数

public-toilet

公衆トイレの数は日本に比べて少ないと思います。

日本では困った時はコンビニのトイレを借りるか、駅のトレイを利用できますが、こちらではそうスムーズにはいきません。

以前、ある駅でトイレを見つけられなかったことがあります。

駅であっても、目の届くところにトイレがあってすぐに利用できるわけではないので、安心はできません。

公衆トイレを見つけてもキレイなトイレに当たるかは分からないので、外出前は必ず家でトイレを済ませ、また、外でキレイめなトレイを見つけたら、そのタイミングで用を済ませておくことをおすすめします。

ドア・鍵

doors-of-houses

公衆トイレを利用するとき、ドアの鍵が壊れていることがよくあります。

空いていると思いドアを開けると人が入っていた!なんてことがたびたび起こります。

また、ドアの内側に、上着を掛けるフックが付いていないときがあり、結構こまります。厚着する冬場は特に不便です。

水圧

水圧は弱いことが多いです。

下水道が詰まりやすい、トイレットペーパーの質が悪いなどの理由から、使用済みトイレットペーパーは水で流さず横に置いてあるゴミ箱に捨てます。

そこまでは仕方ないと思えるのですが、ゴミ箱に蓋が付いていないため、見たくもないものが目に入ってきます。

ひどい現場に当ってしまったときは運が悪かったと思うしかありません。

トイレ「あるある」

中国のトイレ「あるある」をここで1つ言わせてください。

前の人のモノが流れず残っていることがよくあります!!

水が黄色いけど、もしかして再生水を利用しているせい?

そんなことはありません!

前の人の流し残しです。

確認するとそのトイレは、フラッシュボタンの作りが悪く、長押ししないとちゃんと水が出てこないタイプのものでした。最終的にはちゃんと流れます。

もう少しがんばって流してほしいです!

トイレットペーパー

トイレットペーパーは基本的に付いていないです。そのため、外出時は必ずポケットティッシュを持参します。

中国のポケットティッシュの紙質は日本のものよりも固くてしっかりしています。

中華料理を食べに行ったときや屋台の軽食を食べるときなど、手が汚れる事が多々ありますので、ポケットティッシュを持っていると重宝します。

ニーハオトイレ

ニーハオトイレ

隣同士の仕切りのないオープンタイプのトイレのことです。

顔を合わせて挨拶できるところから「ニーハオトイレ」というそうです。

ニーハオトイレは通常、公衆トイレにあるそうですが、わたしは一度だけ、Barのトイレでニーハオトイレに出会いました。

なぜか1つの個室に2つの便器があったので、変だとは思ったのですが、まさか、いやいや、それはないだろうと思って入りました。

しかし、案の定、わたしのうしろで待っていた女性もスラスラと入ってきたんです。

初ツレションじゃん!と、変にテンションが上がりました。

そして用を足したあと、隣の人がわたしを見て「ティッシュ使いますか?」と聞いてくれたんです。

良い人でよかった!

中国人の並び方

中国人がトイレに並ぶとき、少しルールが違うのでご紹介します。

日本の場合、一列に並び、どの個室が空いたとしても前のかたから順番に利用すると思います。

中国では、いっけん一列に並んでいる風ですが、それはただの見せかけです。

自分の前の個室が空いたら順番に関係なく速攻で入っていきます。

そして中高年になるほど堂々と割り込みしてきますので、心の準備を!

(一部、ちゃんと並んでいる場所もあるので、臨機応変に対応してください。)

もしものときの中国語!「トイレ編」

武漢では、英語があまり通用しません。

英語で話しかけると即座に拒否反応を示される、なんてこともあります。

そんなときは中国語でチャレンジです!

ここにトイレの場所の聞き方をご紹介します。

トイレの言い方は3通りあります。

  • 洗手间 xǐ shǒu jiān シー ショウ ジエン
  • 卫生间 wèi shēng jiān ウェイ ション ジエン
  • 厕所  cè suǒ ツースオ
洗手间(シー ショウ ジエン)卫生间(ウェイ ション ジエン)は同義語で、かしこまった言い方です。
厕所(ツースオ) はもう少しラフな言い方になります。
道でトイレの場所を聞くときは、比較的発音のしやすい洗手间(シーショウジエン)を使うのがおすすめです。

お手洗いはどこですか?

「 洗手间在哪儿? 」 xǐ shǒu jiān zài nǎr? シー ショウ ジエン ザイ ナール

  • 「 在 」zài ザイ = 〜にある、〜にいる
  • 「 哪儿 」nǎr ナール = どこ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする