英語が中級レベルでも楽しめる①Netflix映画『IT/イット』ネタバレなし

ホラー映画『IT/イット』のスクリーンショット ネットフリックス

洋画を見る時、みなさんは日本語吹き替えで見ますか?それとも日本語の字幕付き?それとも英語のまま?

英語の勉強を兼ねて、日本語の字幕を付けず英語のままで見るという方も少なくないのではないでしょうか。

私は多少英語の向上に役立てばいいなという気持ちで、洋画を見るときは音声と字幕を英語にして見ています。ただ私の英語力は簡単な日常会話レベルのため、ストーリーを理解することができず、睡魔に襲われることが多いです。

そんな私の英語力でも、最後まで楽しく見ることができるNetflixの洋画をこちらにご紹介します。

《視聴環境》(参考)
音声:英語
字幕:英語
回線:オーストラリア

今回ご紹介する映画はこちらです。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり

原題:IT
製作年:2017年
国:アメリカ
監督:アンディ・ムスキエティ

『It / イット』のあらすじ

子供の失踪事件が、ある田舎町で多発していた。内気な少年ビルの弟もある大雨の日に外出し、消息を断った。

弟を案じるビルと不良少年にいじめられてる子たちの前に、”それ”は突然現れる。彼らは最大の恐怖と”それ”の正体に直面しなければならない。

英語の能力が中級レベルの私が『It / イット』を楽しめたポイント3つ

単純に、恐怖心→楽しい

ホラー映画にありがちな、暗闇から誰かが突然現れたり、大きな音が突然鳴ったりして見てる側を脅かす演出が楽しめました。

このような演出は英語の能力を必要としないので、見ていて楽ですし、まったく眠くならないのがありがたいです。

一緒に見ている人の反応が楽しい

もう少し怖い映画なのかと思いましたが、私にはあまり怖さはなく、脅かすシーンはたまに笑ってしまうほどでした。

一緒に見ていたオーストラリア人パートナーは、タオルを頭に被ったりして、わざとなのかと思うくらい大袈裟に怖がっていました。後から聞いても怖かったと言うので、本当だったみたいです。

日本人が日本のホラーが怖いように、欧米人やオーストラリア人には洋画のホラーはまた別物なのかもしれません。

少年たちが頑張る姿

少年たちが恐怖の中、勇気を持ってピエロに立ち向かう姿が微笑ましかったです。他のかたもレビューでいっていますが、スティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』を思い出しました。両作品は原作者が同じなのもあり、やはり雰囲気が似ています。

少年たちの友情・愛・冒険が際立った作品なので、普段から10代向けの映画が好きなかたに向いている作品だと思います。

まとめ

『It / イット』は映像と音で楽しませてくれる作品なので、多少内容が理解できないところがあっても、十分楽しめる作品だと思います。小難しい映画が続いているかたや、いつもと違った雰囲気の作品が見たいというかたにおすすめです。