初心者でも失敗しない。手作り《中華麺》の作り方

noodles-on-a-cutting-board

こんにちは。tamakiです。

今回は手作り中華麺に挑戦しました!

以前、手打ちうどんにチャレンジして失敗したことがあり、今回の中華麺作りも失敗しないか心配だったのですが、作ってみたらとっても簡単でした!

味・見た目、どちらも中華麺として何の違和感もない出来上がりです。

今回は、手作り【中華麺】の「作り方」をご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

手作り中華麺

材料(4人分)

ingredients-of-noodles

  • 中力粉 500g (薄力粉250gと強力粉250gでも代用できます)
  • 水 230g
  • 料理用の重曹 小さじ1
  • 塩 小さじ1

作り方

[1] 中力粉500gをボウルに入れる。

flour-in-the-bowl

[2] 水、重曹、塩を1つのカップに混ぜ合わせ、[1]のボウルに一気に加える。

glass-with-water

add-water-to-the-flour

[3] ゴムベラで生地にまとまりが出るまでサクサクと混ぜ合わせる。

flour-in-the-bowl2

[4] 手で生地をこねながら1つにまとめる。

flour-in-the-bowl3

[5] ある程度1つにまとまったら、生地を袋に入れ、滑らかになるまで足で踏む。

※パスタマシーンがあるかたは、こちらの利用が可能です。

flour-in-the-bowl4

extend-dough-with-legs

[6] 生地を4等分する。

pieces-of-dough

[7] 麺棒を用意し、4等分した生地をそれぞれ1、2mmほどの厚さまで伸ばし、両面に片栗粉をまぶす。

※パスタマシーンを利用するかたは、麺棒で楕円形に軽く伸ばす程度でOKです。

stretched-dough

[8] 生地を折りたたみ、包丁で好みの厚さに切る。

cutting-ramen-noodles

[9] 切った麺に片栗粉をまぶし軽くほぐす。すぐ使わない場合は保存容器に入れ、冷蔵または冷凍保存する。

complete-making-noodles

まとめ

中華麺作りは難しそうに思えたのですが、いざ作ってみると思ったより簡単でした。

生地を袋に入れ足で踏む工程は、みるみる生地が滑らかになるのでやっていて気持ちが良かったです。

ここで麺を伸ばすときのポイントが1つあります。

麺棒で生地を伸ばすとき、作業スペースと同じ形になるように伸ばしていくと、生地がはみ出にくくなります。

わたしは大きな「まな板」の上で作業したのですが、最初は単に伸ばしていったため、生地がいびつな形になり、途中からはみ出てしまいました。

2個目では、最初から楕円形になるように意識して伸ばしたので、まな板にぴったりの大きさになり作業がし易かったです。

手作り中華麺があるといろいろな料理に活用できますし、市販の麺とは一味違った温かみのある味に仕上がります。

一度にたくさん作り、ストックしておくと便利だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする