中国の夏の冷麺!実は麺が冷たくないって本当?武漢の「凉面」で検証しました。

child-eating-noodles 中国・武漢(ぶかん)情報

中国湖北省の武漢で麺料理というと、中国五大麺の1つの「熱乾麺」が有名なのですが、夏は地元のかたが好んで食べられる麺料理があります。

それは、凉面(リャンメン)という、日本でいうところの冷麺です。

凉面は、中国の各地方により特色があるようなのですが、武漢には、「口水凉面」というものがあります。

今回は、こちらの凉面についてご紹介したいと思います。

 

動画もアップしましたので、良かったらご覧ください。

凉面(リャンメン)

cold-noodles

中国語: 凉面 liáng miàn

日本語: 冷麺

英語 : Cold Noodles

 : 好みにより甘辛味、または、辛味

 

凉面は、冷たい汁なしの麺料理を指します。夏になると、多くの軽食屋さんが凉面を出し始めます。日本の冷やし中華のように、夏の熱い日や食欲がない時など、中国ではよく食べられています。

老曹口水凉面

appearance-of-noodle-restaurant

老曹口水凉面は、武漢でチェーン展開されている凉面のお店です。

2000年、創業者曹さんにより「口水」シリーズの商品が事業展開されました。

※口水は、日本語で「唾液」という意味です。

主要商品として「口水凉面」を武漢で販売すると好評となり、わずか数年で武漢全体に支店展開されたと2002年に各新聞紙に報じられました。

 

わたしが今回いただいた凉面は、こちらの「口水凉面」です。

食べてみると、ピーナッツ、キュウリ、人参などのサクサクとした歯ごたえが良く、味付けはマイルドで爽やかな後味でした。

麺は冷たいというよりは、常温に置かれた麺を使用しているといった印象で、日本のソウメンや冷やし中華とはまた違った味わいです。

武漢口水凉面の作り方

こちらは簡単な凉面の作り方です。良かったら参考にしてみてください。

 

3人~4人分

材料

  • 細い中華麺       500グラム
  • ハム          適量
  • 揚げピーナッツ     適量
  • キュウリ        一本
  • ラー油         適量
  • サラダオイル      適量
  • 醤油          大さじ3
  • 酢           大さじ1
  • 生姜とニンニクの浸し水 大さじ3
  • ネギのみじん切り    適量

作り方

  1. 生姜とニンニク適量をみじん切りにします。
  2. みじん切りした生姜とニンニク、水1カップををボールに入れ、ラップをし冷蔵庫で数時間から一晩ねかせます。
  3. 中華麺を水で洗い、水気を切ります。
  4. ピーナッツは粗みじん切り、ハム、きゅうりは細切りにします。
  5. 中華麺に、予め用意しておいた生姜とニンニクの浸し水、醤油、酢、ラー油、サラダオイルを順番にかけ、均等になるようかき混ぜます。
  6. ハム、キュウリ、ネギのみじん切りをのせて、出来上がりです。

まとめ

タイトルにもあります、「中国の冷麺の麺は実は冷たくない?」の答えは、「はい、わたしが今まで食べたどの冷麺の麺も冷たくはありませんでした。」です。

中国では「冷たい物を飲食するのは体に悪い」という考えがあるので、冷麺でも、真夏の外気にさらされた麺を使用していようと、違和感がないのだと思いました。

日本人からすると、エッ冷たくない?と一瞬戸惑いますが、これも中国ならではの食文化なのだと思うとおもしろいです。