カフェ大国【オーストラリア】コーヒーの種類と特徴

flat-white

こんにちは。tamakiです。

オーストラリアには至るところにカフェがたくさんあり、大体どのカフェでも美味しいコーヒーを飲むことができます。

じつはオーストラリアは、独自に「コーヒー文化」を発展させたカフェ大国なんです。

わたしのオーストラリア人パートナーも例にもれずコーヒーが大好きです。

オーストラリアでは彼とよくカフェに行き、おいしいコーヒーを楽しみました。

あの強い日差しの中、たくさんの緑に囲まれて飲む1杯はまた格別なんです!

ところで、オーストラリアのコーヒーの代表的な飲み物、ラテカプチーノフラットホワイトの違いってご存知でしょうか。

「フラットホワイト」はオーストラリアとニュージーランドで飲まれている人気メニューの1つです。

今回は「オーストラリアのコーヒー文化また「コーヒーの種類とそれぞれの違いについてご紹介します。

最後に東京にあるオーストラリアカフェについて書いていますので、興味のあるかたは足を運んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オーストラリアのコーヒー文化

sydney-opera-house

オーストラリアは元々イギリスの植民地であり現在もイギリス連邦に属しています。

そのため、イギリス文化の影響が今でも色濃く残っています。

イギリスといえば紅茶のイメージが強いと思いますが、なぜオーストラリアにはレベルの高いコーヒーが飲めるカフェが多く、コーヒー愛好者が多いのでしょうか。

それは、コーヒー文化が根付いているイタリアなど南ヨーロッパからの移民たちが、コーヒー文化を広めたからだと言われています。

80年代後半にはそのような移民たちにより、本格的なエスプレッソが楽しめるカフェが次々とオープンされ、徐々にオーストラリアの中で定着していきました。

そして、コーヒーブームの大きな起爆剤となったのが、2000年開催のシドニーオリンピックなんです。

それまで飲食店の屋外に席を置くことは、安全を考慮され禁止されていました。

ですが、1990年代後半、当時のNSW州首相は、オリンピック開催に向け飲食店の屋外席の設置を許可しました。

そのため、晴れた日には外の席でコーヒーを楽しめる居心地の良いカフェがどんどん増え、カフェの人気が高まっていったのです。

そんな独自のコーヒー文化を発展させていったオーストラリアでは、あの米大手スターバックスは影を潜め、まったく流行りませんでした。

2014年にはオーストラリアから事業の撤退を発表しています。

実は、わたしのパートナーも「スターバックス」と聞くと眉をひそめるほどで、敬遠している感がひしひしと伝わってきます。

オーストラリアでは比較的、個人経営のカフェが流行っていたりします。

自宅や職場の近くにお気に入りのカフェを見つけて、常連になるなんてこともよくあります。

そんなオーストラリア人には、今更コーヒーチェーン店に行こうとは思わなかったのではないでしょうか。

コーヒーメニュー

espresso-machine

オーストラリアのコーヒーはイタリア系のコーヒーが主流となっています。

イタリア系のコーヒーは、専用のエスプレッソマシンでコーヒー豆に圧力をかけ、一気に抽出した原液(エスプレッソ)をベースとしたコーヒーです。

深煎りした豆が使用され、味は濃厚で香り高く、酸味とカフェインは少なめなのが特徴です。

ここにカフェのドリンクメニュー11種類をご紹介します。

menu-of-coffee

ショート・ブラック(Short Black)/エスプレッソ

espresso-coffee-on-a-wooden-desk

エスプレッソコーヒー(エスプレッソマシンで抽出したコーヒーの原液)のこと。

シングルショットはエスプレッソ1杯分(30ml)、ダブルショットはエスプレッソ2杯分(60ml)を指し、小さいエスプレッソカップに入って出てきます。

マキアート(Macchiato)

シングルショットまたはダブルショットのエスプレッソにごく少量のフォームドミルクを注いだもの。

日本で「マキアート」というと甘いコーヒーをイメージするかもしれませんが、オーストラリアでは苦いコーヒーが出てきます。

フォームドミルク:空気を取り込んで細かく泡だてたボリュームが出るミルク。

スチームドミルク:蒸気で温めたミルク。

ロング・ブラック(Long Black)

long-black-coffee-and-cake

お湯を注いだカップに、ダブルショットのエスプレッソを落としたもの。

この「ロング・ブラック」と後ほどご紹介する「フラット・ホワイト」はオーストラリア独自のメニューなので、訪れた際はぜひ試していただきたいドリンクです。

ロング・ブラックは一見アメリカーノ(Americano)に似ていますが、この2つは別物なんです。

ロング・ブラック:カップに先にお湯を注ぎ、上からエスプレッソを落としたもの。

アメリカーノ:カップにエスプレッソを落とし、上からお湯を注いだもの。

入ってる成分は2つとも同じですが、作成する順番が違うだけで味が変わります。

ロング・ブラックの方は後からエスプレッソをカップに落とすことで、クレマと呼ばれるコーヒーの苦い成分が表面に残ります。そのため、エスプレッソの味わいをより楽しむことができるんです。

また、日本で飲まれているアメリカンコーヒーは、浅く焙煎したコーヒー豆を薄めに淹れたコーヒーを指し、苦味が弱く酸味が強いのが特徴です。

こちらも上の2つとは別の飲み物です。

ラテ(Latte)

two-latte-on-a-table

エスプレッソにきめ細かくクリーミーに仕立てたスチームドミルクを多めに注ぎ、トップに泡立てたフォームドミルクを少量加えたもの。

ラテは透明な耐熱グラスで出されるのが一般的です。

これは、泡の層がきちんと作られているかをお客さんに見せるためだそうです。また、ラテ特有の口当たりを楽しむためともいわれています。

フラット・ホワイト(Flat White)

flat-white

エスプレッソにクリーミーに仕立てたスチームドミルクを注いだもの。

エスプレッソとスチームドミルクのみで作られているため、ラテに比べてエスプレッソの苦味が抑えられマイルドになっています。

ラテよりもキメの細かい滑らかなスチームドミルクを使用し、シルクのような口当たりが特徴です。

フラット・ホワイトは主にオーストラリアとニュージーランドで飲まれているコーヒーですが、イギリスにも広まっているそうです。

現地に行ったときは、ぜひ味わってみてください!

カプチーノ(Cappuccino)

cappuccino

エスプレッソにスチームドミルクフォームドミルクを注いだもの。

それぞれが大体1:1:1の割合で構成され、他のドリンクよりも泡が多く、エスプレッソの風味をしっかり味合えるドリンクです。

上にチョコレートパウダーがかかってるのが定番ですが、お店によりシナモンパウダーの場合もあります。

人により、先に上にのっている泡とチョコレートパウダーをスプーンですくって食べるように味わう人、または先に全部混ぜてしまう人、最後まで上の層を崩さずに飲む人、それぞれの楽しみ方があるようです。

飲み方に正解はないのですが、参考までに、カプチーノはエスプレッソ、ミルク、泡、砂糖の一体感が大事だそうで、最終的には全部かき混ぜて飲むのがおいしい飲み方だそうです。

モカ(Mocha)

cafe-mocha

エスプレッソにホットチョコレートスチームドミルクを順に注ぎ、上にフォームドミルクまたはホイップクリームをのせたもの。

オーストラリアで「モカ」というと、コーヒー豆の種類ではなく「チョコレート入り」という意味になります。

ちょっと甘い飲み物が飲みたいけど、ホットチョコレートほど甘くないものが飲みたいときにおすすめの飲み物です。

ホットチョコレート(Hot Chocolate)

hot-chocolate

溶かしたチョコレートにスチームドミルクを注いで、上にチョコレートパウダーをふりかけたもの。

寒い季節に飲みたくなる一杯です。

オーストラリアにはホットチョコレート専門店がたくさんあります。

自分好みのホットチョコレートが飲みたい方は、こちらに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ベビーチーノ(Babyccino)

stroller

温めたミルクが入った小さいカップにフォームドミルクをのせ、上からチョコレートパウダーをかけた子供用の飲み物。

お店によりマシュマロが付いていたり、大人用のコーヒーと一緒に頼むと無料になったりする場所もあるようです。

赤ちゃんも一緒にカフェ時間を楽しめるのはいいですね。

小さいお子さんがいらっしゃる方はぜひ試してみてください!

アイスコーヒー(Iced Coffee)

エスプレッソに冷たいミルクを注ぎ、上にアイスクリームまたはホイップクリームをトッピングしたもの。

日本で飲むコーヒーフロートに似ていて、デザート感覚で楽しめる飲み物です。

※日本でいうアイスコーヒーが飲みたいときは、近いものが「Iced Long Black(アイスドロングブラック)」なので、こちらを注文してください!

アフォガート(Affogato)

バニラアイスの上にエスプレッソをかけたもの。

バニラアイスの甘さとエスプレッソの苦味、そして冷たさと温かさが混ざり合って絶妙なおいしさを演出します。

暑い季節にはもってこいのデザートですね!

東京のオーストラリアカフェ・レストラン

brunch-and-coffee-in-cafe

東京に帰るとよくパートナーに、良いカフェに連れて行ってと言われます。

帰るたびに良さそうなカフェを検索して試しては、彼の反応にハラハラしています。

ここに、わたしも今度彼と行ってみたい、東京にあるオーストラリアカフェを2つご紹介します。

Me’s CAFE & KITCHEN(ミーズカフェアンドキッチン)

こだわりのコーヒーとオーガニックフードを中心にした食事が楽しめるオーストラリアカフェ&レストラン。

住所:    東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 METoA Ginza 1F

営業時間:  11am – 23pm (L.O. 22pm)

定休日:   東急プラザ銀座の閉館日

TEL:    03-6264-5761

Paul Bassett(ポールバセット)

バリスタ世界チャンピオンのオーストラリア人、ポール・バセットによるこだわり抜かれたエスプレッソカフェ。

住所:    東京都新宿区 1-26-2 新宿野村ビルB1F

営業時間:  月~金 7:30~20:30 土 8:00~20:00 日・祝日 9:00~19:00

定休日:   無休

TEL:    03-5324-5090

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする